Windows10のAMP環境をWSLで構築(2)

WSL(Windows Subsytem for Linux)の設定

WSLの利点は前記事でご紹介しましたので、ここでは設定方法を記載しておきます。
この方法が唯一ではありませんが、授業で紹介するために極力単純化しています。

WSLを有効にする

WSLはWindows10に組み込まれています。
有効、無効を切り替えるだけで使えるようになります。
有効にするには以下の手順で行います。

左下のWindowsメニューを右クリック

  1. 左下のWindowsメニューを右クリック。
  2. 「アプリと機能」を選択

  3. 関連機能の「プログラムと機能」を選択

  4. 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

  5. 開いた画面で「Windows Subsytem for Linux」にチャックを入れて「OK」をクリック

  6. 再起動を求める画面が表示されたら「今すぐ再起動」を選択。

これでWSLが有効になります。

MicrosoftStoreからLinux(ubuntu)をインストール

スタートメニューからMicroSoft Storeを選択。
「ubuntu」を検索〜Ubuntu18.04LTS(最新版)を選択

入手をクリック

起動をクリック

Ubuntu(ターミナル)が起動します。
初回セットアップにしばらく時間がかかります。
途中でUser名とパスワードを尋ねられます。

Enter new UNIX username:

ユーザー名を設定するとパスワードを尋ねられます。

Enter new UNIX password:

パスワードの確認があります。

Retype new UNIX password:

同じパスワードを設定します。

Installation successful!

と表示されたら成功です。

設定したユーザー名とパスワードは必ず控えておいてください。

apt-getコマンドを最新にする

ここからはUbuntuのターミナルでの操作になります。

Linuxには大きくDebian系とRed Hat系があります。
前述のUbuntuはDebian系のディストリビューションです。

Debian系Linuxではパッケージ管理ツール(Advanced Package Tool)を使用してアプリケーションをインストールできます。(Red Hat系ではyumコマンドを使用します。)

apt-get update コマンドを使用して最新の状態にしておきます。
apt-getコマンドの実行には管理者権限が必要です。sudoをつけて実行します。

Ubuntuインストール時に設定した管理者パスワードが必要です。

sudo apt-get update

続いてインストールされているパッケージを最新にします。

sudo apt-get upgrade -y

オプションの-yは「アップグレードしてもいいですか?」の確認をスキップするためです。

sudo apt-get autoremove

アップグレード後、不要になったパッケージを削除するにはautoremoveコマンドを使用します。

PHPのインストール

*後日、スクリーンショット付きで更新します。ひとまず手順のみ公開しています。

Apacheのインストール

sudo apt-get install apache2

Apacheを起動するには以下のコマンドを使用します。

sudo service apache2 start

ブラウザから’http://localhost/’にアクセスすると

WSL Apsche 起動画面

が表示されるはずです。

MySQLのインストール

sudo apt-get install mysql-server

MySQLの起動コマンド

sudo service mysql start

MySQLの起動で問題がある場合は以下を参照してください。

https://www.takujiozaki.com/wsl/200.html