WordPress

WordPress使い始めたらまず「パーマリンク設定」を確認しましょう!

更新日:

意外に軽視されがちでももっとも大切!パーマリンク設定

個人的にWordPressをインストールしてまず真っ先にすることが二つあります。
ひとつがユーザーアカウントの設定、もうひとつがパーマリンク設定です。他の設定を差し置いてもまずこの二つは大切なので最優先でやっています。

今回は後者のパーマリンク設定についてお話しようと思います。

パーマリンク設定とは?

パーマリンク設定とはWordPress投稿(post)のURLパターンを管理している項目です。
WordPressはテンプレートファイルにデータベースから読みだした項目を埋め込むことで無限のコンテンツを作り出す仕組みです。

WordPressサイト

そのため、アクセスさせるURLには一定の法則性を持たせておく必要があります。
そのルールを決めているのがパーマリンク設定です。

パーマリンク設定を変更することで全てのWordPress投稿コンテンツのURLを変更することが可能です。とりあえず運用してみて不具合が出れば変更するでも構いませんが、パーマリンク設定はURLとして検索エンジンに記憶されてしまいます。

途中で変更するとせっかく登録されているコンテンツの情報を自分で削除してしまうのと同じ意味になります。運用しだしたら変更しない方がいいのです。

そのため最初に固定してしまうことを推奨しています。

パーマリンク設定の種類

設定名 URL 適用
基本 https://domein.com/?p=123 GETパラメータでPageIDをindex.phpに渡しています。
日付と投稿名 https://domein.com/YYYY/MM/DD/post-name/ 日付と投稿名でURLを構成しています。
月と投稿名 https://domein.com/YYYY/MM/post-name/ 上の例から日データが削除された例。
数字ベース https://domein.com/archives/123 投稿番号(PageID)で判断しています。
投稿名 https://www.takujiozaki.com/post-name/ 投稿名でで判断しています。
その他 任意のURLパターン 任意にURLパターンを設定できます。

どれがいいという訳ではありませんが、投稿名が含まれるURLパターンは避けています。
このパターンを選択するとタイトルに含まれる日本語文字列がURLに含まれるため記事のURLがエンコードされて非実用的な長さになってしまいます。

基本か数字ベースを選択しておかれる方が使いやすいでしょう。

個人的にはその他を選択して任意のURLパターンを作っています。(このブログでもそうなっています。)

/%category%/%post_id%.html

URLが「ドメイン/カテゴリー名/記事ID.html」の形式になります。

利点としては

  • 投稿名が含まれないのでURLに日本語が入らない
  • 静的コンテンツで再現可能なURLになるので将来的にWordPressが使えなくなってもコンテンツを維持することが可能

といったことがあげらます。

まとめ

WordPressを使い出す前にぜひパーマリンク設定を確認しておいてください。
パーマリンク設定はURLと連動します。運用後は安易に変更しない方がベターです。

WordPressのセキュリティ対策。ユーザー名晒していませんか?

-WordPress

Copyright© Webエンジニア TKJ , 2019 All Rights Reserved.